国際交流 産学連携
 

 

 
過去 数年以内に発行された日本フルードパワーシステム学会誌,論文集,あるいは本学会主催の国際シンポジウムのプロシーディングスに掲載された研究論文のうち、特に優れた研究論文の著者(連名も可)に授与される.
 
 
多年フルードパワー工学・技術に携わり,その間数多くの論文を発表して,当該工学・技術分野に多大の貢献をし,その累積効果が抜群であって,しかも学会に対する貢献大なる研究者に授与される.
 
 
過去数年以内に完成を遂げた油圧・空気圧・水圧・その他の流体圧に関する新技術の開発者に授与される.ただし,該当製品は市場で6ヶ月以上使用実績があることが望ましく、選考の際は特許(もしくは新案)の申請も参考とする.応募者が連名の場合は,筆頭者を含めて5名以内とする.
 
 
多年フルードパワー技術に携わり,この間数々の技術改良を行うなどして当該技術の向上に貢献しその累積効果が抜群の技術者に授与される.長年にわたる技術的な功績を重視し,候補者の年令は原則として50歳以上とし,現在の事業所における役職についてはこだわらないが,業績があまり世に知られていない技術者を積極的に推薦する.
 
 
学会の正会員,学生会員および法人である賛助会員に所属する者のうち,過去数年以内に発行された日本フルードパワーシステム学会誌、論文集あるいは講演論文集に掲載された研究論文の著者のうち優れた論文を執筆した、原則として年令満40才以下の新進気鋭の研究者・技術者に授与される.SMC株式会社殿のご寄付を基金として設立された.
 
 
学会の正会員,学生会員の中から,春季・秋季のフルードパワーシステム講演会において、優秀な講演発表を行った企業人・学生の講演者に対し授与される.
 
    受賞者一覧 (所属は表彰当時のもの)
平成28年度(2016年度)
学術論文賞
受賞論文:「気液相変化により駆動されるゴム人工筋アクチュエータの製作」
受賞者:加藤 友規、本多 駿太、程 明昭、櫻木 一樹(福岡工業大学)、大野 学(東京都立産業技術高等専門学校)
技術開発賞
授賞開発技術:「平行リンクを利用したコンパクト助力機構」
受賞者:若杉 諭、稲山 公憲(CKD株式会社)
学術貢献賞
受賞者:築地 徹浩(上智大学)
受賞者:中野 政身(東北大学)
技術功労賞
受賞者:饗庭 健一(東京計器株式会社)
SMC高田賞
受賞論文:「樹脂部品を用いた高圧対応ギヤポンプ」
受賞者:伊藤 貴廣(日立製作所)
秋季講演会
最優秀講演賞
社会人
受賞者:正岡 孝一(川崎重工業株式会社)
学生
受賞者:戸松 匠(東京都市大学)
受賞者:西田 一(福岡工業大)
平成27年度(2015年度)
学術論文賞
受賞論文:「Theoretical and Experimental Analysis of Wearable Control Valve with Self-holding Function using Permanent Magnets」
受賞者:赤木 徹也・堂田 周治郎・Ying ZHANG(瑩 張)(岡山理科大)
技術開発賞
授賞開発技術:「電磁クラッチを用いた次世代電子制御四輪駆動車用カップリングの開発」
受賞者:安藤 寛之・安藤 淳二・津田 拓也(株式会社ジェイテクト)
学術貢献賞
受賞者:香川 利春(東京工業大学)
技術功労賞
受賞者:小松 隆(株式会社コガネイ)
SMC高田賞
受賞論文:「水道水圧駆動マッキベン型人工筋の変位制御(第1報,人工筋のモデル化およびBouc-Wenモデルの適用)」
受賞者:小林 亘(芝浦工業大学)
秋季講演会
最優秀講演賞
社会人
受賞者:吉田 太志(KYB株式会社)
学生
受賞者:石田 靖昌(東京工業大学)
受賞者:岡本 拓也(足利工業大学)
平成26年度(2014年度)
学術論文賞
授賞論文:「胸腔鏡下手術のための変形式肺ポジショナの開発(吸引力向上とディスポーザブル化のための設計製作)」
受賞者:宮本 寛之(千葉大学)、高山 俊男・小俣 透(東京工業大学)、大泉 弘幸(山形大学)
技術開発賞
授賞開発技術:「高速リニアサーボ弁」
受賞者:大坂 一人、服部 至、永野 卓、藤澤 誠、阿部 賢一(油研工業株式会社)
授賞開発技術:「ハイブリッド建機用電動油圧省エネシステム」
受賞者:江川 祐弘・杉本 潤一郎・福田 俊介・瓶子 司・小林 将之(KYB株式会社)
学術貢献賞
受賞者:横田 眞一(東京工業大学)
技術功労賞
受賞者:井上 淳(KYB株式会社
SMC高田賞
授賞論文:「気泡除去装置の設計と評価に関する研究」
受賞者:坂間 清子(法政大学)
秋季講演会
最優秀講演賞
社会人
受賞者:伊藤 貴廣(株式会社日立製作所)
学生
受賞者:大野 歩(岡山理科大学)
受賞者:高橋 智久(東京電機大学)
 
過去の受賞者 >>
 
学会沿革
フェロー一覧
国際交流
 
ページのトップへ