Topix  

2019年度ウィンターセミナー
フルードパワーに利用できるマイコン技術
~ 機器の駆動に関わるマイコン技術(ハード&ソフト編)~

 
趣 旨: マイコンなどについて興味はあるが,具体的に何に使えるかわからない.また,業務に直接関係ないが概略は知りたいなど,これからマイコン(組込み技術)を始める方,もしくは一般的な知識として知りたいなど,マイコンを使ったことのない受講者に対してマイコン(組込み)技術の概略がわかる講座を開催します.本講座では,実際の油空圧機器に用いられるマイコンの基本的な動作・機能を紹介するため,実際にマイコンを使った実習用ボードを作成し,機器を動かす実習も実施します.なお,講座で製作した実習用ボードは持ち帰れます.この機会にマイコン(組込み)技術に触れてみよう,その後も使ってみようという方のご参加をお待ちしています.
実施日: 1日目:2020年3月12日(木)10:00~17:00(実習用ボードの製作)
2日目:2020年3月13日(金)10:00~17:00(マイコンを使った実習)
会 場: 高度ポリテクセンター(〒261-0014 千葉県千葉市美浜区若葉3-1-2)
募集人数: 20名 (予定)
機器の準備の関係で完全事前予約,定員20名に達した場合お断りする場合もあります.
募集要件: C言語を多少学んだことのある方(大昔,在学中に習った程度でも結構です)
参加費: (事前登録のみ)<材料費を含む>
 
正会員・賛助会員企業の社員 35,000円
日本フルードパワー工業会会員企業の社員,共催団体・協賛団体の会員(正会員) 40,000円
名誉員・学生会員 20,000円
一般 45,000円
  振込先:三井住友銀行 日比谷支店(普)7611417
名義:シャダンホウジン ニホンフルードパワーシステムガッカイ
申込方法: 一般社団法人 日本フルードパワーシステム学会事務局にお問い合わせ下さい。
問合せ先: 一般社団法人 日本フルードパワーシステム学会
〒105-0011 東京都港区芝公園3丁目5番22号 機械振興会館 別館 102
TEL:(03)3433-8441  FAX:(03)3433-8442  E-mail:info@jfps.jp
   
実習内容: マイコンにプログラムの書き込む際のライターボードの作成や,ポテンショメータ,エンコーダなどのセンサ出力の取り込み,DCモータやステッピングモータの駆動に関わる技術や駆動回路,リアルタイム制御の実現のための一定サンプリング周期での割り込み処理など機器の制御に用いられる基本技術を,回路の製作や実習を通じて学べます.また、フルードパワー技術に関するマイコン技術も紹介します。
図:実習用ボード(実際のものと多少異なる場合があります)
配布物: 実習用ボードの部品(ラジコン用サーボモータとステッピングモータおよび通信ケーブルは回収)
実習用テキスト(ダウンロード配布)
開発環境ソフト,サンプルプログラム(ダウンロード配布)
   
 
エンコーダ・UPDownカウンタ
マイコンのI/Oポートを使ったプログラムによるUp/Downカウンタの作成
 
サーボモータの駆動
RCサーボモータをマイコンのPWM機能を使って駆動する。ジョイスティックからの入力に従って操作
 
ステッピングモータ_シーケンス
ステッピングモータをシーケンス制御に従って、目標軌道に従って駆動する。
 
ステッピングモータ駆動
ステッピングモータの回転方向を、ジョイスティックの操作に従って切り替える。
 
このウインドウを閉じる